正当なる努力は、楽しい!

「私の人生、苦労の連続でした。」って言う人がいます。
そういう人って、いつも、「この苦労を乗り越えたら、いいことがあるんじやないか」って思っています。
でも、苦労するってこと自体、間違っているんですよ。
努力することがいらなって言ってるんじゃないんです。
正しい努力は、楽しいんです。
正当なる努力は、やってて自分も楽しいし、世間も認めてくれます。
世間も認めてくれない、何もかもうまくいかない、そんな苦しい努力だとしたら、間違っているんです。
だから私は苦しくなったときは、「この苦しみを乗り越えたらうまくいく」なんて言いません。
「オレは、どっか間違えてるところがあるんじゃないか?」って立ち止まって、見直すんです。
そうすると、必ずあるんです、間違いが。
その間違いを直せばいいんです。

「苦しくても。我慢して乗り越えました!」って言う人がいます。
でも、そういう人は、苦しいことを、ずっと続けてきたんじゃありません。
本当は、途中でどこかやり方を変えたんです。
いろいろやってみて、いいことに到達して、それを続けて成功したんです。
必ず途中で、改良しているんです。

いちばんいけないのは、間違った答えをそのまま変えないことです。
間違ったことを変えないで、ガンコに通そうとすると、天からの忠告が山のように押し寄せます。
自分の考えは、すべて正しいと思ったらダメです。
百発百中で当たることは、まずありえません。
「どうやら間違っているな」って気付いたら、直ぐ改良するんです。


一人さん著書「強運」より


21世紀はどうやら真面目!頑固一徹!は通用しなくなる時代のようです。
そういう人の話を聞いていても、つまらないし、苦しくなりますよね。
柔軟で自分にも素直になれる人が先を行くんですね。かっこいい!
[PR]
by clay_de_hiroko | 2014-03-17 20:25