本当の自分に気付くことから

わたしたちがあらゆることに安定を望むのはなぜでしょうか?

それは、安定が安心をもたらしてくれるからと信じているから。
友人も恋人も、仕事も家庭も
いつまでも変わらずに存在し続けてほしいと願います。
そうすれば、自分は安全でいられ、安心できると思うからです。

しかし、この世のあらゆる出来事も、人生で経験するさまざまなことも
すべてはつねに移り変わり、一定であることはあり得ないのです。

人間にとって真の幸福とは、人生を通り過ぎていくさまざまな事柄の中から
自分の望むものを選択し、その選択を自分で受け入れることができるということ
だと思います。
自分の人生を生きるのは、他ならぬ自分自身、他の人間ではありません。
すべては、はっきりと自分に気付くことができるかどうか。。。
気付くということは、変化を受け入れ、自分の心を開き、成長させることです。
しかし、人間というのは、どうすればよいか分かっていても、なかなかその通りに
はできないものですね。それは、いつもその考えと一体となっていないからです。
自分に気付く方法を確実に身につけられるようになると、
人生がスムーズに楽に生きられるようになります。

自分に気付くことは、また同時に怖いことでもあります。なぜなら、
自分の人生の行方を握っているのは自分自身であり、目の前に起きている現実のすべては
あなたが望んだものだということが本当に分かってくるからです。
[PR]
by clay_de_hiroko | 2010-01-25 18:13